貼雑歩録 Ver.2.0

雑記帳、はてなダイアリーからお引っ越ししました

五十嵐大介『はなしっぱなし 下』(河出書房新社
ザアザアと言う雨音は雨自体の音じゃなくて、雨がはっぱや石にぶつかってたてている音で、一瞬に幾億、幾兆の音がなり、それが絶え間なく連続していく無限の音の交響楽、そんな風に雨の音を認識できる感性はとても良いな、と思う。下に引用する後書きからも人柄が伺い知れて好感。

「風景」には 風があります

風は動きつづけ 一瞬さえ 止まることをしません

 

好きな場所の

好きな光

好きな時間

 

もういちど味わおうと

狙って行っても 同じ風景は 二度となくて

 

そのかわりに

また別の おもいがけない出会いがある

自分だけで楽しむのは もったいないので

なんとか いっしょに 

 

そう思った試行錯誤が

こんな形になりました

 

興味を持ったら

どこでもいいです

気になる場所で10分間

じっとしていてみて下さい

 

必ず何かが起こります

 

 

2004年春 五十嵐大介