貼雑歩録 Ver.2.0

雑記帳、はてなダイアリーからお引っ越ししました

石塚真一『岳』(小学館)
1巻。面白いと聞いていてずーと気になってたら、こないだ取りましたね、漫画大賞。山岳救助のお話なんで人がぼこぼこ死にますが、三歩のキャラクターが非常に明るくポジティブなのがミソ。時に場違いなくらいの明るさが、いわゆるお涙頂戴物になるのを防いでいて、気持ちよく感動できます。
鈴木みそ『銭』(エンターブレイン
2巻。世の中の儲かる仕組みを解明してくれる漫画。アマゾンのおすすめで知ったのだが、ほんとに面白い。売れない漫画家よりも同人作家の方がはるかに儲かる、とかそう言うお話。
原泰久『キングダム』(集英社)
1~8巻。これまた面白いらしいという噂を前から聞いていて気になっていた作品。スンゲエ面白いのにいまいち売れていない不遇の作品との噂。で、読んでみたら・・・、確かに面白い!!秦の始皇帝「政」と大将軍を目指して奮闘する「信」の物語。面白いことは認めるが、天下統一までいたい何年かかるんだろう、という長編の予感。統一したあと、そのまま「項羽と劉邦」に流れ込んでしまったらそれこそ長編どころの騒ぎではない・・・。

 

岳 (1) (ビッグコミックス) コミック 銭 2巻 (Beam comix) キングダム 1 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 2 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 4 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 5 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 6 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 7 (ヤングジャンプコミックス) キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)