貼雑歩録 Ver.2.0

雑記帳、はてなダイアリーからお引っ越ししました

川端裕人『算数宇宙の冒険 アリスメトリック』(実業之日本社)
意外と、複雑な話が出てきてびっくり。ゼータ関数とか。数学が宇宙、世界の認識とどう繋がっているか、雰囲気がとらえられたのは面白かった。これ、高校生くらいの時に読んでいたらもう少しまじめに数学やったかもな。有理数だの無理数自然数、だの数を拡張していくお話は授業よりも100倍分かりやすく面白かった。

 

算数宇宙の冒険