貼雑歩録 Ver.2.0

雑記帳、はてなダイアリーからお引っ越ししました

山田風太郎『地の果ての獄』
上巻。幕末から明治にかけての歴史に詳しい訳ではないけれど、風太郎の明治ものはお気楽に楽しめる。この人独特の歴史を遊ぶ感覚を楽しむには多少史実をなぞっておいた方が良いのかもしれないけれど。このお話は舞台が北海道ということもあり、若干暗く、重い印象。
地の果ての獄〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈5〉 (ちくま文庫)

地の果ての獄〈上〉―山田風太郎明治小説全集〈5〉 (ちくま文庫)