貼雑歩録 Ver.2.0

雑記帳、はてなダイアリーからお引っ越ししました

2013-07-14

往来堂書店に行ってしこたま買ってしまった話。

いや、良い本屋だったんだよ。

いつ読めるかな・・・いや、そんなことは関係ないのだよ!

1984部限定のカタログがなぜ街の本屋にあるのか。

その時点でもうしびれてしまうのだよ。

剃刀日記 ― シリーズ 日本語の醍醐味 (2)

剃刀日記 ― シリーズ 日本語の醍醐味 (2)

ペガサスの挽歌 (シリーズ 日本語の醍醐味 4)

ペガサスの挽歌 (シリーズ 日本語の醍醐味 4)

シリーズ日本語の醍醐味ってもうタイトルから飛ばしてるね。

二人とも読んだことなかったよ。

ちなみに1巻は安吾の「アンゴウ」これも読んだことない、たぶん。

でもね、売り切れていた3巻が藤枝静夫の「田紳有楽」だったんだよ。

これは本当に日本語の醍醐味だよ!!!

というわけで、買うしかない訳だよ、田紳有楽に打ちのめされた者としてはね。

メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70 年代 アナログ家電カタログ

メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70 年代 アナログ家電カタログ

こーゆー柔らかい本もおいてある所が良いよね。

もうタイトルからして気になっちゃうじゃない?

鳥を探しに

鳥を探しに

辞書みたいな分厚さなんだけど・・・しかも2段組み。

なんだろう、とても良さそうな雰囲気がしたのでね。

来るべきベーコン展に備えて・・・

フランシス・ベイコン

フランシス・ベイコン

自伝、面白そう。


モノクロなんだけど、高い。

そこまでして世に出したかったんだろうという思いを汲んで購入。


こちらも、今買わないと次いつ売ってるのに出会えるかわからないので、

帯ボロボロだったけど購入。


まぁ、これもとりあえず、買っといた。


他にもちょっとシャレオツな絵本。

娘に読んであげるんだーってのを言い訳にして、俺が欲しいだけ。

ぼくがとぶ

ぼくがとぶ

フェアやってたから、全部まとめて買いたかったんだけど、

節約するって決めたからね、我慢の子だぜ。


高校の同級生が、グーグルでデータサイエンティストしてます。

一体どんなことしてるんだろうか。すごそう。

今週も本屋には通う。読む時間無いけど。

元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術

元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術

昨夜、外事警察の劇場版を見たんですよ。

でね、人の感情をコントロールするってのは、

本当に世の中で実践されていることなんだよなぁ、と思ったのです。

ダニエル・カーネマンの「ファースト&スロー」とかも読んだからさ。

人間は簡単にだまされる存在なんですよね。

なんて思ってたら諜報員のノウハウ本が出てたのでつい買ってしまった。

データマイニング本、ビジネススクール入学前に実務寄りの勉強を済ませておきたいんだよね。

入学前に読んでおこうと思って買いました。

自分は興味、関心ともにあるけど、深入りしすぎないようにしようと思ってる。

経営とか戦略側の人間であるべきで、この領域を突き詰めるのは、

自分ではなく部下だろう、と思う。

本日の戦利品

アサイラム・ピース

アサイラム・ピース

きっとなんかで読んだのだろう、この作品名だけ頭の片隅に残ってた。

作家名は記憶になかった・・・なんでだろう。

で、国書刊行会だったから買った。

さらに、ちょっと気が狂ってそうな感じがしたのも期待大。

情緒と創造

情緒と創造

日本の数学者、すごい人、くらいのことは知ってたけど、

特別この人の本を読んだことはない。

でも、面陳してあったのを見かけて妙に気になってしまい、、、

とりあえず買った。いつか読みたい。

物理は高1で切った。当時は全然わけわからんかった。

けど、なんか気になる。

世界の法則を理解したい、って思いがどこかにくすぶり続けているんだろうなぁ。

というわけで、これはこないだテレビつけたらやってて、

すごく面白そうだったので買ってみた。

サンデルの物理学版みたいな感じなんだよね、きっと。